2021年11月3日 第5回総会関連オンライン企画 河内将芳先生講演会開催のお知らせ

会員各位

今年度の第5回総会関連企画といたしまして、11月3日(水・祝)に、歴史遺産コースの立ち上げにご尽力くださいました河内将芳先生の講演会をZoomによるオンラインにて開催いたします。

会員相互の親睦を図ることが本会の目的の一つでございますが、このような社会状況の中、対面での開催が難しいため、昨年同様、Zoomでの開催となりました。ネット環境をお持ちではない方々には、大変申し訳ありませんが、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

また、講演会に続きまして、会長挨拶・役員紹介、および、会員の活動報告、更に、新たな試みと致しまして、最後にZoomでの懇親会企画も行います。

 

日時:2021年11月3日(水曜日(祝日))14:00~19:00

場所: オンラインミーティングツールZoomを利用いたします。

※ ZoomミーティングIDおよびパスワードにつきましては、決定次第メール配信いたしますので、迷惑メールフィルター等の設定をご確認下さいますようお願いいたします。

 

<プログラム>

14:00~15:20(ご講演1時間、質疑応答ほか)【予定】

◆ 【河内将芳先生ご講演】

『戦国時代の京都を歩くー上杉本洛中洛外図屏風の下京を歩くー』

○講演概要

織田信長が上杉謙信に贈ったと伝わる『上杉本洛中洛外図屏風』。狩野永徳作として国宝に指定されていることでも著名ですが、それとともに、そこに描かれた戦国時代の京都の姿もまた、正確なことで知られています。今回は、その屏風に描かれた戦国時代の京都のうち、下京のなかを古文書や古記録など文字史料も手がかりとしながら歩きます。

○奈良大学文学部教授 河内将芳先生略歴

2001年 京都造形芸術大学芸術学部歴史遺産学科・通信教育歴史遺産コース教員として着任

2005年 奈良大学文学部史学科教員として着任

最近の著書として、『改訂 祇園祭と戦国京都』(法蔵館文庫、2021年)があります。

 

15:30~15:45【予定】

◆ 瓜生歴史遺産の会  会長ご挨拶・役員紹介

15:45~16:30【予定】

◆ 会員活動報告       ・続瓜の会 ほか  

17:00~19:0【予定】

◆オンライン懇親会 

久しく途絶えておりました会員交流の場を復活させたいとの思いから検討の結果、今回、新たな試みと致しまして、Zoomの機能を使用したオンライン懇親会を開催することとなりました。本企画は、上記講演会と同一のZoomID、パスワードですので、連続してご参加いただけます。リモートで先生・会員と交流できる良い機会となりますので、ぜひこちらの企画にも、奮ってご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

Be the first to comment

Leave a Reply